Kiss the Blood Off My Hands (1948)

ハリウッドを襲う赤狩りの前夜に見た、映画スター達の独立の夢

Gilda (1946)

ホモセクシャリティとヘテロセクシャリティが拮抗し、支配と被支配が共存する、エキゾチックな異国への憧憬

Detour (1945)

更新され続ける映画史から見たポヴァティ・ロウの時代

Stranger on the Third Floor (1940)

「フィルム・ノワール最初の作品」はエイゼンシュタインの弟子による前衛映画だった。

Touch of Evil (1958)

国境の向こうへ

The Phenix City Story (1955)

南部の小さな都市の窒息しそうになる恐怖

Deadline at Dawn (1946)

クリフォード・オデッツはコーネル・ウールリッチの悪夢を見るか

Kiss of Death (1947)

カウンター・カルチャーのアンチ・ヒーローの登場

Nightmare Alley (1947)

ハリウッドには、これをプリントするセルロイドがない

The Blue Dahlia (1946)

レイモンド・チャンドラーのハリウッド、フィクションの帰還兵

previous arrow
next arrow
Slider

数あるフィルム・ノワール作品から50本をランダムに選んで紹介

「フィルム・ノワール」を語ることは簡単だ。だが、カッコで括られた「フィルム・ノワール」を破壊して、解放しないかぎり、それらの映画は死んだままだ。

[掲載作品リスト]

 

Back to Top