条理ある疑いの彼方に (1956)

隠蔽された語りから浮かび上がる蓋然性と確信の喪失の物語